アンドラ首相と湘南モノレール

Share

こんにちは^^
あんちょびです。

先ほどまで紅茶ブログを更新していたのですが、そこから興味深い情報を見つけたので、こちらで共有します!
もし良ければブログを先にどうぞ。

ベルガモットアイスティー with 自家製食パン

アンドラってどこにある国?

私はほんの数分前まで、どこにある国も何も、国名ということすら知りませんでした。
アンドラは、正式名称アンドラ公国。
スペインの国教近くにある国で公用語はカタルーニャ語。

アンドラの位置
By TUBS 投稿者自身による作品

This vector image includes elements that have been taken or adapted from this:  Serbia in Europe (claimed hatched).svg (〜によって TUBS)., CC 表示-継承 3.0, Link

この地図中の、フランスとスペインの国境付近の赤い点のところ。
日本との関係でいうと、1993年12月にアンドラを国家として承認したということです。
大使館はなく、在フランス日本国大使館が兼ねているそうです。
そして、1995年10月には外交関係ができたそうなのですが、そこまでならああそうか、で終わっていたのですが、なんと、過去に首相が日本にやってきているではありませんか!

アンドラ首相「マルク・フォルネ・モルネ」さん来日

2005年の1月20日、アンドラ首相「マルク・フォルネ・モルネ」さんが湘南モノレールを視察に来られたそうです。
ただ、モノレールの視察メインで来日されたわけではなく、外務省のページには下記のように記載されていました。

マルク・フォルネ・モルネ・アンドラ公国首相の来日について
平成17年1月14日
マルク・フォルネ・モルネ・アンドラ公国首相は、わが国の招待により、1月18日(火)から22日(土)まで来日する。
フォルネ首相は、滞在中、小泉純一郎総理大臣との会談や各界要人との懇談を行う予定である。
本年は、両国の外交関係樹立10周年の節目にあたる。また、今回の訪問はアンドラ首相の初の来日となる。
日・アンドラ首脳会談(概要)

ふむふむ、なるほど。
では、興味そそるモノレール視察の話に戻りましょう。

湘南モノレールって?

そもそも湘南モノレールとは?
私はまだ、湘南モノレールは乗ったことも見たこともありません。
おそらく名称からして、湘南にあるモノレール!
イメージでは、観光用ではなさそうな気がしますね。

しかし、視察されるほどのもの。
気になりますね。
ということで、動画で確認しましょう。

おお!
宙吊りタイプのモノレールですね!

ディズニーのとか、東京モノレール系ではないのですね。

梅雨時のグレーな空気も似合う、あじさいsmileトレイン . 「雨の日でも笑顔で過ごせるように」という願いを込めて。 . あじさいsmileトレインに乗って、鎌倉のあじさいもショッピングもスパも楽しもう!「あじさい観光周遊Special Ticket」販売も残り4日間。お見逃しなく。大船ルミネウィング×湘南モノレール→詳細は2枚目 . #似合うのは青空だけじゃない #湘南モノレール #あじさいsmileトレイン #湘南 #江の島 #江ノ島 #鎌倉 #大船 #藤沢 #電車 #日本 #shonanmonorail #railway #train #trains #japan #shonan #enoshima #kamakura #photography #photo

湘南モノレール【official】さん(@shonanmonorail_official)がシェアした投稿 –

カッコいいですねー、宙吊り。

比較参考にディズニーリゾートライン

この宙吊り、ぶら下がり式の湘南モノレールはサフェージュ式モノレールといわれているようです。

湘南モノレールの公式サイトの日本のモノレールというページに懸垂式/サフュージュ式モノレール(けんすいしき/さふゅーじゅしきものれーる)と跨座式(こざしき)の違いが詳しく載っていました!
日本にもこんなにあるのですねー。

参考

サフェージュ (SAFEGE) 式は、フランスのリュシアン・シャーデンソン (Lucien Chadenson) を中心とする設計チームが1957年に開発した方式である。サフェージュ式という名称は、この方式を開発するためフランス国内の25の企業が集まって結成された企業連合であるフランス語: Société Anonyme Française d’Étude de Gestion et d’Entreprises(「フランス経営経済研究株式会社」の意)の頭字語である。

湘南モノレールは雪に強いぶら下がりモノレールだったのだ

モノレールを視察した首相は「アンドラ公国にぴったりの交通機関」と感想を述べたそうです。
なぜかというと、湘南モノレールは宙にあるため、積雪に強いからですね。

アンドラはなんと、冬期5か月間もの間雪に閉ざされるそうなんです。
それで、降雪に強い交通手段として、このサフェージュ式モノレールに関心を寄せていたということです。
それで湘南モノレールにも関心が集まったというわけなのですねー。

Share