ライフ

人の見かけはパッケージ包装のようなもの

こんにちは^^
あんちょびです。

カレー屋さんにはインド人っぽいイメージの人、中華料理屋さんには中国語を話している人が店員さんの店は、本格的な感じがしてしまいます。

でも、それってその料理が上手っていう証拠にはなりませんよね。
おそらく日本人の私が海外に行って、和食系のレストランで働いてもそれっぽくなります。

人の見かけってパッケージ包装と同じ役目をするんだなあ

人は見た目が9割っていう本が昔に流行ったけど、人の見かけってぱっと見で決まるというのを利用したいい例ですよね。
お店がお客さんを騙しているわけではなく、雰囲気を出すっていうのも一つの演出だと思います。
パッケージ包装を可愛くしたプレゼントをもらう方がワクワクするし、例えば可愛いキャンディがジップロックに入っているより、可愛い透明の小瓶に入っているとより美味しそうに見えたりします。

仕事でも役割に応じて演出できる

警察官、医者、お坊さんなど決まった服を着ているだけで専門の人に見えるし、もちろんそう言った制服を着るのは専門の人であることを示すためのものだと思います。


※警官の制服は法律で厳しく制限されています。

 軽犯罪法1条15号は、「資格がないのにかかわらず、法令により定められた制服若しくは勲章、記章その他の標章若しくはこれらに似せて作つた物を用いた者」について、処罰(最高で29日間の身柄拘束)する規定を置いている。

ハロウィンのコスプレは法に触れる可能性があります


優秀な営業マンに見せる為には、きちっとしたスーツを着こなすだけで売り上げが上がるそうです。
それで、高級な商品を扱う職種の人は小物までこだわっている人が多いです。


本人としても、それを身にまとうことで自信がついてそれらしくなったり、シャキッとした気分になりやすいのでそういうのも大事だよなあと思います。


なんでも見た目から入るのはどうかと思うけど、見た目から入るとそれらしくなってくるのかもしれないから、自分の仕事に自信が無い新入社員とか新しい職種に就いたばかりの人とかはそうやって慣れていくのもいいのかもですね。


ああ、前みたこのクマと薬のイメージの掛け合わせもそうですね(笑)

能動的な行動を促す広告