自分の好きなことを知るには

こんにちは^^あんちょびです。 自分の好きなことを知る上で、よく幼少期の自分の行動を思い出してみましょうというものがあります。 私は何度もやっていますが、はっきりとこれというのが分からなかったので、色々と自分調査をしているのです。 もちろんどんな仕事をしたいか、何が得意なのか、どういうことであれば長所を伸ばすことになるのかを知りたいからです。 人生は長く、いや長く常に成長していきたい私としては、成長欲がつきません。 そんなことは、若いうちに分かっておけよという人もいるかもしれませんが、人それぞれペースがあるし、それこそ性格タイプによって、そんなこと気にしない人、計画的な人、色々いるということが分かったので、今はそういう言葉は気にしないようにしています。 それに、分かっていると思って自分の道を淡々と過ごしていくうちに、躓いたりすることやハプニングが起きることだってあり、そうした時に初めて自分って一体何なんだろうと気づく人もいると思います。 だから、そんな迷える自分を優しく包み込みましょう! 自分を知る手がかり 自分の適職や性格を知る上で、自分のパーソナルタイプを診断することはとても役に立ちます。 私が重宝している本が次の2つです。 エニアグラム ユングの性格分類 完全に今の性格はこれではっきりわかるなーっと思っていたのが幼少期に自分が生きるために自分で性格を選択したとされている、「エニアグラム」診断。 これはアドラーの言う自分で性格を選択したというのにも当てはまると思うのですが、おそらく仮にそういうことであれば、自分が元々何に興味があり、元々は何が得意で何が不得手なのかを知るには、ユングの分類を元にする方がいいのかなと最近思い、読み直しました。 自分の素の性格が分かるかも? そして、ユングの発展形の 16タイプ MBTI分類 がかなり、本当の素を表しているのかなと思います。 このサイトを参考にしました。 かなり分かりやすく、また作成者が親身なので分かりやすく書かれています。 ※サイトがなくなっています。同じようにこのサイトを賞賛されている方が転記されていますので こちらをどうぞ。 INFPの解説が秀逸だった「MBTI性格タイプ論の視点から世界を覗こう」より 御本人かと思うくらいに全て載っていたので有難いです。 私も念の為、切れたリンクは残しておきます。私も励まされた一人なのでサイトの復活を望みます。 4つの心理的傾向軸を次のように分けるのが特徴です。 外向(E) or 内向(I) 感覚(S) or 直観(N) 思考(T) or 感情(F) 規範(J) or 柔軟(P) このサイトで見てもいいし、自分で判断つかない場合は、診断テストもあったのでやってみてください。 これは別のサイトで(元は海外のもの)、はっきりMBTIとは書かれていないですが、私は同じ結果になったので基本は同じだと思います。 星座占いもかなりいける そして、最後に星座です。 今日の運勢は〜♪といったものではなく、全体像や素の性格、得意なことなどは星座にかなり現れていると感じます。 特に前述の診断内容に当てはまることが多くてビクビクすることがあります(笑) 中でも太陽星座(いわゆる自分の誕生日の星座)は自分の人生の方向性、月星座は自分の素、特技を表すということで何度も見直しています。月星座は産まれた時間が分からないといけないようですが、分からないときは0時と23時付近両方で調べてあたりをつければいいのかな・・・ ここで調べられます。 ちなみに、惑星に年齢域っていうのがあって、太陽が効いてくるのは25歳から35歳前後だそうです。 ※ 月→0~7歳 水星→7~15歳 金星→15~25歳 太陽→25~35歳 火星→35~45歳 木星→45~55歳 土星→55~70歳 天王星→70~84歳 海王星→84歳~ 特に好きな占い師さんは、石井ゆかりさんです。 めちゃめちゃ素敵な文章です。ただの占いではなく、物語り的な感じになっています。時々感動して泣きたくなります。 本の細部(カバーなど)もこっていて、気遣いが感じられる一品です。 行き詰まった時に、ふっと軽くなる感じです。    最近では、子供向けにジュニア版というものが出ています。    これは可愛くて確かにジュニアって感じです。 ただ、太陽星座の年代じゃない人にはピンとこないかもですね。 もし子供にプレゼントするなら、人生の目標はこんな感じかもねって渡すといいのかもしれません。 もしくは、月星座をジュニュア版で買うのもいいのかもですね。(月は7歳前後まで影響するから) ♡Related posts: エニアグラム―あなたを知る9つのタイプ 基礎編 自分の見つけ方 南極への愛を深める 内向感情タイプ、特にINFPじゃなくてEN … 続きを読む 自分の好きなことを知るには