ピーチアイスティー with モンブラン in 資生堂パーラー

ピーチアイスティーって、よくシロップが入ったのが多いけど、ここのは無糖だった!
私ケーキの時は紅茶は無糖派だから嬉しい。

ケーキセットのアイスティーはこのピーチティーしか選べない様子。

おしゃれーな感じで登場した細長いグラス。
ケーキも、お皿にソースで可愛らしく。

ただ、、おしゃれ過ぎて喉の渇きが潤うほどの量は入ってなかった(笑)
お酒ならちょうど良いのかもだけど、アイスティーだとちょっと少なめー。
味は渋みもなく飲みやすい感じ

モンブランはマロンが強めのしっかりしたペーストで、生クリーム好きの人には物足りない。ケーキ自体小さい方なんだけど、
底は結構なタルトの割合なので、ケーキというより、タルトケーキ屋さんでモンブランを選んだ感覚かな。

タルト好きの人にオススメのモンブランだと思ったよ!

ルピシア ネプチューン with キャラメルチョコレート in リラックマ缶

マリーゴールドが入っている、蜂蜜の香りがする紅茶、ルピシアの5502 NEPTUNE ネプチューン。原産国はインド、ベトナム。

寒くなってきた初秋にホットで飲むのも良さそうだけど、今は夏。
アイスティーにして、リラックマ缶のキャラメルチョコレートをお供に。

香りはそこまで強くない、同じ蜂蜜の紅茶だと、トワイニングのオーストラリアバージョンのが蜂蜜!って感じがしたかな。

TWINING Honey & Vanilla with パンケーキ

チョコレートはリラックマ角缶。
2018年、リラックマの15周年を記念して全部で72柄も出ているらしい・・・

これが意外と美味しいの。
キューブ型でパウダーがかかった系なんだけど、暑さで一回溶けた為変形してた(笑)
洋酒が入ってるような味だけど、洋酒とは記載がない、香料の力か?!
クリームチーズのおかげが、クリーミーさがよく出てる。

株式会社ハートってとこが製造している模様。
他にも色々なキャラクター商品を作っているみたい。
リラックマの商品はこちら
会社概要には楽しいお菓子や玩具菓子を企画・開発・販売とあるね。まさに。

蜂蜜の香りはあま〜いイメージだから、お砂糖入れない場合、こういう甘いお菓子が合うよねー。

パラダイス ルピシア with TOBLERONE

紅茶はルピシアの5513 パラダイスと言う紅茶。
パパイヤ、マンゴーなどがいっぱい入っていて南国フルーツの香り。

こういう南国フルーツ系のフレーバーティーは、アイスティーにぴったりなんだよね!

50グラムの袋で買ったので空き缶にパラダイスのラベルを切り取りセロテープでペタンとはっつけた。
左上が剥げているのは、シールを手で剥がそうとした名残…
剥がせない事がわかり、ハサミでカット。
超雑(笑)。
後でちゃんとラベル作る予定だから、とりあえずね。

お供のチョコはTOBLERONE トブラローネ、トブルローヌ。
おなじみ三角形のスイスチョコ。お土産でよく目にするやつ。最近コンビニとかでも置いてあるからいいよね。

スイスアルプスにあるマッターホルンの形からこのチョコの形をイメージした説もあるみたい。マッターホルンとはなんぞや、あの楽器のホルンかしら?と思いきや、山のことだった。
なるほどね。


再生するとすぐ山の画像にとびます。

製造はスイスのベルンでされているけど、販売会社は、ナビスコ、リッツ、オレオ、メントスなどを販売しているアメリカの会社、モンデリーズ。
だから日本のコンビニとかにも進出しているんだね。
大きな会社はどんどん買収とかするけど、大手に買われると普及するのは間違いないなあ。
スイス土産!的な感動とかはなくなってしまうんだろうけどね。

開けてなんとびっくり〜!
てっきりホワイトチョコだと思って買ったのに黒いチョコの方だったおかしいなぁこのパッケージだったと思ったんだけどー(笑)

そっかホワイトチョコレートは普通に白のパッケージだったわ、これね。

It’s all white now. #Toblerone #Chocolate #TumblrRooms

Tobleroneさん(@tobleroneglobal)がシェアした投稿 –

買ったのは、茶色のやつかー。
このクリーム色のパッケージがホワイトチョコを連想させたんだわー。くやしー。

基本的に中身は同じチョコが違うだけ。ヌガー、アーモンド、蜂蜜入り。
だけどこのちょっと飴っぽい感じとかがホワイトのチョコレートにマッチしてるんだよね。(くやしいー)

マリアージュフレール マルコポーロ 豆乳割り with パンケーキ

氷を大量に入れたコップに豆乳をコップ半分くらいいれて、マリアージュフレールのマルコポーロをゆっくりと注ぐ。
ゆっくり注ぐと色が二層になるよ。

マルコポーロの良い香りがして、コレには強くない味がいいなーと、おからパウダー入りパンケーキを焼いた。やや雑な仕上がり〜(笑)

うまくマリアージュしてる〜。
紅茶の味を打ち消さずにいい感じー。

パッションアイスティー with アールグレイミルククリームドーナツ in スタバ

 

甘いのが食べたくてドーナツを注文。
シュガードーナツの隣にあった、アールグレイミルククリームドーナツ。
アールグレイの茶葉が見えてるし、茶色コーティングされてるし、シュガードーナツとかなり迷ったけどこちらに。

パクッとひといきに食べた。
うーん、甘さが足りないよー(笑)
どちらかというと、クリーミーなのを欲している人向けだなぁ。
ドーナツの割に甘くない感じ。甘さと言えばドーナツ生地の中に白いクリームが入っていて、これが少し甘い感じ。激甘ではない。
そっかー、名前アールグレイミルククリームドーナツだったわー。
夏に甘いものと一緒に頼むのは決まってこれ。
パッションアイスティー。
酸味が強くって美味しいんだよねー。

プランテーションアイスティー with マカデミアナッツクリームパンケーキ in ホノルルコーヒー

マカデミアナッツクリームがかかったハワイアンパンケーキ。
ホノルルコーヒーのマカダミアナッツクリームパンケーキとプランテーションアイスティ。

ハワイには行ったことないんだけど、ハワイアンミュージックがかかってて、ほのぼのとした店内。
パンケーキは結構薄めのが、三段重なってて、味がしっかり、しっとりしていて美味しい。
クリームはそんなにこってり系ではなく、甘さも控えめで、見た目より全然あっさりした感じで、ペロリと食べられちゃう。

プランテーションアイスティーは、知らなかったんだけど、なんと下にパイナップルジュース?が入っていて、酸味と甘味があっておしいよ!

1001 nights with ココナッツバニラ ノンデイリーアイス




イオンが輸入販売しているこのアイス、ニュージーランドのオークランド、Emerald Foods エメラルドフーズ社が製造している。
乳製品不使用と言うネーミングに惹かれてつい買ってしまった(笑)
こういう一見不思議系はすぐに惹かれる。

後ろを見ると種別は氷菓になっている。
なるほど氷っぽいのかだから乳製品不使用なんだねって思って開けてみると、なんのなんの全然これミルク入りアイスクリームって言ってもわからない。

ココナッツオイルはねっとりしているから、それを凍らせるとこういう風になるのも何となく分かるなぁ。

見た目はもうそれは真っ白純白です。
そこにバニラビーズの黒い点々が少し入っている。噛むとプツっていう。

紅茶は、MARBROC マーブロックのエキゾチックフレーバーティーパック、1001 nights。
実はこれ、緑茶も混じっているのでスッキリしている。

ローズブロッサムとサンフラワー、オレンジの花びらが入っていて、メッシュの三角tバックでよく香る。
ちょっと優雅な気分になれるよ〜。

紅茶と合わせてアイスを食べると、ココナツの香りと甘みが加わりより異国な雰囲気かも(笑)

ルピシア トライアングル with ブリオッシュパン




お供菓子のパンは、パン屋さんルビアン Le Bihanの、確か名前はブリオッシュパン(違うかも)。カフェもあり。


ハロウィンとは特に関係ないけど、ハロウィン気分ということで(笑)パンに帽子をかぶせてみた。
なかなか可愛いと自画自賛。
ちなみに、写真にちょこっと写っている緑の葉っぱは、うちで水栽培しているアボカドちゃん(笑)
わざわざ枝を斜めに倒して登場させてみた。


とまあ、写真編集をしなくても、10月からはルビアンでハロフィンフェアでハロフィンにちなんだパンが出ている様子。
私はくしくも9月に行ったので見てない・・・


ザラザラシュガーとしっかりバターの味とフルーティな香りがいい感じでマリアージュ。
紅茶はルピシアのトライアングルにミルクティー向けのテ・オ・レを混ぜたやつ。
トライアングルは花の香りとパパイヤの果実が入った甘〜い香りの紅茶。ちょっと私には甘すぎて茶葉の量を増やしたかったので一気に全部混ぜてしまったので、元の袋はもうない。
今日は再び暑かったのでアイスティーに。

ダージリン in afternoon tea with スコーン




アフタヌーンティー Afternoon Teaのスコーンと紅茶がセットになったクリームティーセット。
スコーンはプレーンと季節限定のものを1個ずつにもできる。
私はプレーンが好きなのでプレーン2個。


イギリスでクリームティーといえば、スコーンとクロテッドクリームとジャム付きと紅茶のセットのことで、豪華なアフタヌーンティー(スコーン、ケーキ、サンドイッチの3段セット)よりも手軽に楽しめるものとして色々なカフェで楽しめる。
ただここのクリームティーは残念ながらクロテッドクリームではなく、生クリームとブルーベリージャム。
と言っても、これはこれで美味しい。いちごジャムじゃないところが◯。
暖かいスコーンで、カリカリタイプ。
しっとり系ではない。


私はスコーン大好きなので比較的どのタイプも好き(笑)


でも何よりクロテッドクリームが大好きなので、ハロッズのクリームティーの方が好きかな。


紅茶は季節のラフランスダージリンオータムナル。
ダージリンは苦手なのだけど、渋みが増したオータムナル。


オータムナルは秋摘み茶。渋みが増して味も濃く紅茶っぽくなる。
その他、新芽のファーストフラッシュ(春摘み)、セカンドフラッシュがダージリンでは人気。
ダージリン地方でとれるセカンドフラッシュはマスカットフレーバーと呼ばれ、天然の甘みがあるものをいう。
天然の上品な甘みだから高価。
でも私は若干日本茶の茎茶のような紅茶のような中間な感じが苦手。


ミルクを入れて、美味しくいただく。
そんなに渋みもなく飲みやすかった。