鹿児島産深蒸し茶 with 堂島あずきロール

プロント系列の和カフェcaffe solare tsumugi つむぎ。ど店舗限定の堂島あずきロールセット〜。
堂島ロールのモンシェールとコラボメニューらしい。

堂島ロール好きの私は即決。

セットのお茶は冷茶を選択。

堂島ロールの上にはきな粉〜!
餡子の甘さがほどよくて、何よりこのきな粉がいい味だしてる。

お茶はたっぷりとおかわりありな瓶で出てきてお得。甘い優し目のお味でケーキとなかなかあってたよ!

煎茶 with 抹茶わらび餅 in 京はやし屋

濃ゆい抹茶のモチモチわらび餅に抹茶砂糖と黒蜜が混ざって、苦さと甘さのバランスが丁度良い。
抹茶砂糖と黒蜜は別添えなのが素敵でしょ。
差し湯ができるのがここのいいところだよね。

やっぱり抹茶系の和菓子だと、煎茶が飲みたくなる〜。

日本茶万歳〜

加賀棒ほうじ茶フラペチーノ in スタバ

ポスターで見て、ずっと飲みたいなーと思ってて、ついに今日。
さてそのお味のほどは…?

あれー、少し甘め。
ほうじ茶感よりも、スタバのフラペチーノ感が強い感じ。当たり前だけど(笑)
このクリームがアメリカンすぎでほうじ茶とあまりマッチしてない雰囲気で、さらにほうじ茶フローズン部分をすすろうとすると、ほうじ茶ゼリーが続々と登場〜。

甘い雰囲気で、ドロリッチみたいなゼリー飲料が好きな人にはハマるかもしれないなー。

このゼリー、底らへんにちょこっとと思っていたら大間違い。
カップの蓋取って、ストロー浮かし気味にホイップらへんをすすっても(かっこ悪いけど、ホイップにかかったほうじ茶パウダーが気になるのでこの方法)、じゃんじゃんゼリーが入ってくるー。
もしかして、これはゼリーメインだったのかー?!

そーいや、このシールいつも無いから何かなと思ってたけど、ゼリーが最初から入れてあってカップごと冷やしてあったのかなー。
そーだそう言う事にしよう、ゼリー入りでカップを準備して待機させる程にゼリーは主役だったのだ〜(笑)
とか思ってたら、隣の人も、目の前の人も、違う商品だけど、シール貼ってあった(笑)
店舗によって違うのかな、それとも最近貼ってあるのかもな。

本当のところはどうなのかと、公式ページの説明を見ると、

みずみずしい食感の加賀 棒ほうじ茶ジェリーと、ホワイトチョコレートクリームを合わせ、特別なデザート感のある一杯に仕立てました。

との事!
最初から伝えてあった〜。
デザート感あるって〜。
クリームもホワイトチョコって〜。
私の勝手なイメージとは違って、そのとーりの出来だと思うよー。

アールグレイ ほうじ茶ロールケーキとアイス in 京はやし屋

ほうじ茶アイスとアールグレイ、すっごい合うよね〜。って思ってる。
幸せ〜。
ほうじ茶クリームが濃厚でうまい!
粒あんのが入ってる気がする。ロールケーキの塩気がアクセントっぽい。好きな味ー。

和カフェで邪道と思いつつも疲れていて、アールグレイがどうしても飲みたいのと、普段からほうじ茶アイスと紅茶の組み合わせは結構好きだから、小声でアールグレイを注文したところ、紅茶の器も和のテイストを保っていて景観を損ねず安心した(笑)

いいねぇ、こういう和洋折衷な感じ。
ポットの中は茶葉はなく、別のポットで出してくれてる模様。なるほどね。

煎茶 with ほうじ茶アイスと抹茶わらび餅に白玉餡子


京はやしやのお菓子3点セットに煎茶をセレクト。
煎茶は熱めじゃなくぬる目が美味しさの秘密という事で、湯冷まし用の入れ物もついている。
が、私はやっぱり熱めが好きなので、二杯目からは熱々で飲んだ(笑)
ぬるいってだけであまり美味しく感じないのでしょうがないよね。
三杯まで飲めるらしい。

ほうじ茶アイスと抹茶アイス、迷いに迷ってほうじ茶を選択。
ほうじ茶は濃くてミルクっぽさはあまりなく、甘ミルク系が好きな私は、どちらかと言うと抹茶アイスにすればよかったなと思ってしまった(笑)もちろん美味しいんだけどね。
ほうじ茶っぽい感じで少し塩気を感じた。


私が好きだったのが、抹茶のわらび餅!!
濃い色してるだけあって、濃いお茶の味(笑)
もちっとしてて美味しかった〜

ユースベリー with 抹茶ケーキ

ホワイトティーのユースベリーと抹茶ケーキ。
ユースベリーは、アサイー、パイナップル、マンゴー、ローズヒップ、アップルがミックスされていて、甘酸っぱく飲みやすいよ。

スタバの抹茶ケーキは良く食べるけど、やっぱり好き。このホワイトチョコの分が苦味のある抹茶と合って美味しいんだよね。

ほうじ茶フロート 黒蜜ホイップ添え in ナナズグリーンティー

ナナズグリーンティーの、ほうじ茶フロートに、黒蜜とホイップのトッピング〜。

黒蜜ホイップとほうじ茶アイスが食べたい私は、トッピングする事に。ほんとは、アイスの下はミルクの入っていない方が好きなのだが、ミルクなしのほうじ茶に変更する事もできないし、ミルク無しのお茶にほうじ茶アイスをトッピングすることもできない。

※抹茶アイスとか、ソフトクリームはトッピングが可能アイテム。
でも何度聞いても(笑)ほうじ茶アイスを別添えとかトッピング項目にはできない!
だから、ほうじ茶アイスが食べたい場合は定番メニューを選ぶしかないのだ。

この黒蜜、特にほうじ茶方面にはかけて欲しくなかったーって思ったけど、意外とほうじ茶に黒蜜合うことが判明!
後半ほうじ茶に染み込んだ黒蜜が程よく甘くて美味しかった。

1001 nights with ココナッツバニラ ノンデイリーアイス




イオンが輸入販売しているこのアイス、ニュージーランドのオークランド、Emerald Foods エメラルドフーズ社が製造している。
乳製品不使用と言うネーミングに惹かれてつい買ってしまった(笑)
こういう一見不思議系はすぐに惹かれる。

後ろを見ると種別は氷菓になっている。
なるほど氷っぽいのかだから乳製品不使用なんだねって思って開けてみると、なんのなんの全然これミルク入りアイスクリームって言ってもわからない。

ココナッツオイルはねっとりしているから、それを凍らせるとこういう風になるのも何となく分かるなぁ。

見た目はもうそれは真っ白純白です。
そこにバニラビーズの黒い点々が少し入っている。噛むとプツっていう。

紅茶は、MARBROC マーブロックのエキゾチックフレーバーティーパック、1001 nights。
実はこれ、緑茶も混じっているのでスッキリしている。

ローズブロッサムとサンフラワー、オレンジの花びらが入っていて、メッシュの三角tバックでよく香る。
ちょっと優雅な気分になれるよ〜。

紅茶と合わせてアイスを食べると、ココナツの香りと甘みが加わりより異国な雰囲気かも(笑)

ルピシア 焙じ茶 鬼の焙煎 with モナ王



しっかり焙じ茶って感じの濃ゆ目。
名前からして濃そうだよね(笑)
ルピシアの焙じ茶、鬼の焙煎。
ルピシアの会員になると、毎月送られてくるお試しティーバック。
頑固一徹、焙煎師がこだわり抜いた二段階火入れの焙じ茶だそうだ。
三角メッシュティーバック。

モナ王が安価な割に、甘ミルク味がしっかり出ているので、マリアージュしても焙じ茶アイスみたいな味にはならない(笑)
お茶とアイスそれぞれが主張している。
あーアイスおいしい、あー焙じ茶おいしい、みたいな感じでそれぞれの味。


まあ、だけど、アイスと暖かい日本茶って合うよねぇ。

モナ王はファミリーパックのミニサイズということで、この後もう一個目に突入したのでしたー!

ほうじ茶クリームフラペチーノ with キャラメルソース in スタバ




スムージーの部分が秋ということで狙ってかどうか、やや緩く、劇冷たい感じではなく、そのトロッとした感じがちょうどいい。クリームが多い氷からかな。
下の層は、液体化してた。
そして、ちょっと塩気が効いてる!

上に乗ってるホイップは、甘いキャラメルソースの香りが付いて甘ミルクって感じ。
ほんとはパクッと食べたかったんだけど、スプーンじゃないので食べられない。
ストローの先つついてなんとか取ろうとするも、パクッとはいかず(笑)
恥ずかしいのですぐ断念。

キャラメルソースを入れた事でかなり洋風なほうじ茶となってて、美味しい!

ところどころほうじ茶の葉?茎?の様なものに出会える。

ほうじ茶といってもすごく茶色のほうじ茶ドリンクではないのだけど、この葉っぱ達を噛み噛みすると、ほうじ茶風味がふんわり漂う感じ。