伊勢茶 川原製茶 天皇杯受賞産地 深むし茶

川原製茶の、天皇杯受賞産地 深むし茶 伊勢茶1番茶というのを買ってみました。

川原製茶

三重県にある川原製茶は明治16年に創業。
自家茶園で育てた茶葉を自社工場で製造、販売まで一貫していて、「伊勢茶」の自園自製にこだわっている会社です。

三重県といえば伊勢を思い浮かべる方も多いと思いますが、伊勢エビや松坂牛だけでなく、緑茶も特産品として知られていて、全国でも有数の緑茶の生産地なのです。

伊勢茶とは・・・
三重県で生産されるお茶の総称であり、三重県産100%の緑茶です。(平成19年4月13日付けで特許庁の地域団体商標(地域ブランド)に「伊勢茶」が商標登録されました。

三重県茶業会議所

 

新茶だからか、すっきりとして癖がなく、飲みやすく美味しいです。宇治茶のような渋いのが好みの人には物足りないかもしれません。

伊勢茶 川原製茶 天皇杯受賞産地 深むし茶  1番茶
伊勢茶 川原製茶 天皇杯受賞産地 深むし茶 1番茶

袋の中身

袋に入った状態で覗き込んでみると・・・一瞬茶色っぽく見えましたが、

伊勢茶 川原製茶 天皇杯受賞産地 深むし茶 1番茶

茶筒に入れると見事に緑色でした!袋の中は暗かったからでしょう。

伊勢茶 川原製茶 天皇杯受賞産地 深むし茶 1番茶

1番茶を注いだ後

一回お茶を淹れて注いだ後の写真です。綺麗な緑色です。

伊勢茶 川原製茶 天皇杯受賞産地 深むし茶  1番茶を淹れた後
1番茶を淹れた後

パッケージ

伊勢茶 川原製茶 天皇杯受賞産地 深むし茶  1番茶
伊勢茶 川原製茶 天皇杯受賞産地 深むし茶 1番茶

私が購入したのは1番茶(新茶のこと)と記載があり、金のパッケージでした。川原製茶の「天皇杯受賞産地 深むし茶」は通常パッケージが白色です。新茶じゃなくてもよければこちらの方がお手頃で良いですね。