メニュー 閉じる

こんぴらさんのランチはうどんより、香川の名物「骨付鳥」

香川といえば讃岐うどんが有名ですが、実は隠れた名物があります。その名も「ほねつきどり」。本家は「丸亀」市ですが、こんぴらさんの参道にも骨付鳥のお店があります。

味が濃厚な「おやどり」と、やわらかい「ひなどり」の2種類があります。

田中屋(金比羅街道/こんぴら参道前)

こんぴらさんの参道にある焼鳥・骨付鳥田中屋さんのランチはとっても美味しかったです。ハサミがついてきて自分でチョキチョキ切るスタイルです。

味わい深いおやどり

身が引き締まっていて濃厚な味です。硬いので何度も口の中で噛まないといけないのですが、噛めば噛むほどにじゅわーっと広がる美味しさです。ハサミできるのもちょっと硬いので、骨周りを切る時は苦労して手がベトベトになるでしょう。最初にいくつか切れ目をいれてくれています。

初めて骨付鳥を食べたのは「一鶴」というお店です。関東にもチェーン店があります。ここのおやどりはかなり味付けが濃くて、お酒とは合いそうだけどご飯とは合わないなーという印象だったのですが(それでも美味しいです)、この田中屋のおやどりはほどよい味付けで、ご飯がすすむ〜という感じです。

honedori
おやどり

身の柔らかいひなどり

ひなはいわゆるチキンステーキのような食感です。それだけに店の味付けによって好みが分かれるのではないでしょうか。こちらのひなは優しい味わいです。

ひなどり

あまりに美味しくて、こんなに綺麗に食べ終わることができました。

食べ終わり

こちらもオススメ!