近鉄特急 レギュラーとはスタンダードのこと

近鉄の特急は全席指定で、特急1号とか2号とか呼ぶのではなくそれぞれ名称がついています。最近では特急「しまかぜ」や「ひのとり」が人気です。

そんな中でも今回乗車したのが、「レギュラー」というものでした。公式ページにはレギュラー電車のような記載がなく、勝手にビスタカーのことと思ってましたが違っていました。

窓口で今から特急に乗りたいと伝えると、駅員さんに「レギュラーでいいですか?」と聞かれ、「ビスタカーのことですか?」と聞くと、「いえ、レギュラーです」と返されました。1番普通のタイプの特急列車のことでした。

近鉄特急 レギュラー??

車体がほとんど似ているので、てっきりスタンダード(普通)の列車がビスタだと勘違いしそうですが、ビスタカーと呼ばれる右の列車は2階建てになっているのが特徴です。

近鉄のサイトにはレギュラーというものは載っていません。このスタンダードのタイプをさしているようです。切符を窓口やネットで購入する際には「レギュラー」という名称のものを購入することになります。正確にいうと、スタンダードのタイプはレギュラーシートしかないからレギュラーでの購入になるということでしょう。ややこしいです・・・

近鉄 チケット購入画面

購入画面 マークをチェック

近鉄アプリでも特急券を購入することができます。購入画面はスマホのwebページに飛ばされますが、よく近鉄を利用する場合は入れておくと便利です。iphoneやandroidの両方対応しています。

日時と乗降駅を入れて検索をすると、次のような候補がでてきます。
特急の種類がそれぞれ違って何も印がないものがスタンダードな列車になります。

下の画像でいうと、1段目の「しまかぜ」というマークと3段めの「ビスタカー」というマークがついているのが分かります。これ以外の2段目と4段目は何もマークがありません。

近鉄アプリ 電車検索
近鉄アプリ 電車検索

マークがないのがスタンダード→レギュラーシートしかない

2段目を選択してみると、1618列車とあり、レギュラーとでてきます。このレギュラーというのがレギュラーシートのことを指しています。

近鉄アプリの検索画面 レギュラー
レギュラーのマーク

他にシートがある場合はそれを選択

他にシートを選ぶことができる場合は、この3段目のビスタカー(2階建て列車)のように「レギュラー」「階上」「階下」と他の選択可能な席が表示されます。「ひのとり」や「あおによし」などの観光列車の場合は「デラックス」や「ツイン」「サロン」などがあります。
※レギュラー以外は別途特別車両券が必要になります。

近鉄アプリ検索画面 色々なシート選択ができる列車もある
色々なシート選択ができる列車もある

スタンダードな電車のレギュラーシートは赤ピンクだった

私が吉野行きの電車に乗車した時は、2両編成で「アーバンライナー」のような赤ピンクの座席シートでした。

特段にお洒落っ気はないスタンダードなタイプでしたが、足置きやテーブルもあり快適でしたよ。車内にはトイレもあるので安心です。

近鉄特急 レギュラー
regular
アーバンライナーのような赤ピンクのシート