メニュー 閉じる

ロンドンのバブに一人で行ってみた(食事のみ)

朝から晩まで楽しめるロンドンのパブチェーン「Shakespeare’s Head (Wetherspoon)」。ファミリーでも入りやすいと評判のお店です。1人ご飯(アルコール無し)でも大丈夫そうか旅行中にチャレンジしてみることにしました。

イギリスのパブとは?

パブは、イギリス発祥のお酒を提供するお店のことです。パブリック・ハウス(Public House)の略で、パブ(Pub)と呼ばれています。もともと、ただお酒を飲むというよりは、町の中にある宿泊できたりする便利な社交場だったそうです。

色々な年齢層にとても親しまれていて、キッズルームがあるパブも在するほど市民に馴染みのあるものです。ロンドンの街中では、夕方くらいにパブからはみ出て(立って飲んでいる人が多い)ワイワイガヤガヤと楽しそうにはしゃいでいる人達を目にすることができます。

アメリカだとバー、日本だと居酒屋のイメージが近いでしょう。
小さいパブだと食事はなく、クリスプス crisps(ポテトチップス)くらいしか置いていなかったりもしますが、チェーン店などの大きなパブでは、ランチや夜の早い時間にも食事ができるようになっています。

私が行った「Shakespeare’s Head (Wetherspoon)」は、ロンドンのいたるところに店舗があり、お手頃なお値段ということで一人旅でも入りやすかったです。朝も7時か8時から開店しています。(曜日によって異なります)
曜日ごとのランチメニューもありました。

Shakespeare’s Head /Wetherspoon

JD Wetherspoon」という会社が運営するパブで、パブのブランド名がよく変わっているようです。看板のメインはShakespeare’s Headで、ところどころWetherspoonの表記もありました。名前を変更中のようです。

外がまだ明るかったので気持ち的に入りやすかったです。こじんまりとした外観というよりは、レストランみたいな広さがありました。

中はかなりガヤガヤとしていて、暗めの部屋なのですがファミレスのような雰囲気でもあります。もちろんカウンターで飲んでいる人もいます。

まず、自分で好きな場所を確保しました。真ん中ら辺のテーブル席を選びました。1人なので浮いてしまわないか心配でしたが、その必要もないくらい誰も気にしていませんでした。

カウンターで注文

ところどころ写真付きのメニューは、気軽な雰囲気をかもし出しています。メニューからハンバーガーとポテトがついたもの、飲み物にLemonadeをチョイスし、カウンターに行って注文しました。自分の席を伝え(指差した感じでもOKでした)、食事ができると運んできてくれます。

パブで食べたハンバーガー

イギリスではレモネードというと、人工香料と炭酸が入ったスプライトみたいな炭酸ジュースをさします。私の写真では水のように見えますが、上にレモンがのっています。

そして、サイダーというとリンゴのお酒(シードル)のことだから飲めない方は要注意です。

ちなみに、アメリカやカナダでは炭酸無しの甘いレモンジュースになります。大英博物館で飲んだhandmade lemonadeって書いた飲み物は、炭酸は入っておらず、世界から集まる場所では違うのかな〜と思ってる次第です。それは酸味があってめちゃくちゃ美味しかったです。

会計は注文時

注文時にお会計は終わっているので、そのまま退散してOKです。
お手頃な価格とあって、ハンバーガーの味はふつうな感じですが(フィッシュ&チップスが人気みたいです)、Wi-Fiもありますし、普通にコーヒーや紅茶もメニューにあるので、パブの雰囲気を楽しみに気楽に行ってみてもいいかもしれません。逆にゆっくり静かに飲むようなバーを望む方には向いていなさそうでした。

住所:Africa House, 64-68 Kingsway, London WC2B 6BG イギリス
https://www.jdwetherspoon.com/pubs/all-pubs/england/london/shakespeares-head-holborn

こちらもオススメ!